ローコスト・ハイクオリティの秘密

HOME > ローコスト・ハイクオリティの秘密

ローコストで高品質なマイホームが建てられるワケ

マ

イホームは、人生において最も高額な買い物のひとつ。
「こだわりのマイホームが欲しいけれど、そこまでお金はかけられない…」というお客様も多いでしょう。
しかし、コストばかりを意識し、「他社よりも見積りが安かったから」などという理由で安易に施工業者を決めるのは危険です。
こうした業者では、安くて品質の悪い建材や住宅設備を使用して、コストを下げている可能性があります。

本社ショールーム

大慈興業では、建材や住宅設備を選定する際、コストパフォーマンスを重視しています。
しっかりと商品を見極め、安くても品質の悪いものは決して使いません。
また、商品の仕入れに際しては大手設備メーカー様に対しても“もうこれ以上は無理”といわれるまで価格交渉を行っています。
さらに、住宅展示場への出展にかかるコストなど、広告費を徹底的に削減。
すべては、お客様にいいものをより安くご提供するための取り組みです。
コストを賢く抑えて、ステキなマイホームを手に入れたいお客様は、ぜひ私たちにご相談ください。

地震対策・耐震構造

地

震大国と呼ばれる日本において、地震対策は欠かせません。
特に近年、二度の大地震を経験してから、家作りにおいて耐震性能を重視するお客様が増えてまいりました。
では、具体的に「地震に強い家」を建てるには、どうすればいいでしょうか? ここでは、そのポイントについてご紹介いたします。

地震に強い家を建てる際のポイント

・地盤の強度は充分かどうか

いくら建物の耐震性能が高くても、地盤がゆるくては本末転倒です。
土地を選ぶ際は、できるだけ低地や水辺に近い軟弱な地盤を避けましょう。そのうえで必ず地盤調査を実施し、必要に応じて地盤改良工事を行うことが大切です。

・柱や土台の耐久性は充分かどうか

日本に多い木造住宅の場合、どれだけ構造が頑強でも、柱や土台が腐ってしまっては意味がありません。そのため、家作りにおいては「床下や壁の通気を確保すること」「柱や土台の木材には、内部まで防腐処理を行うこと」が重要となります。

第三者による構造計算の実施
現在の建築基準法において、木造2階建て住宅に対する「構造計算の実施」は義務づけられておりません。しかし、大切な家族の命を守るマイホームを建てる立場として、「安心」に妥協は許されません。

そのため当社では、間取りが確定した段階で必ず「構造計算」を実施し、住宅の耐震性能を確認しております。この構造計算に関しては、あえて外部の構造設計士に依頼し、隅々までチェックしていただきます。この間取りで本当に地震に耐えられるか、利害関係のない第三者の純粋で正しい見解を問うためです。

最低基準は『耐震等級2』、ご希望に応じて『耐震等級3』も可能です。
「頑丈な家で末永く暮らしたい」というお客様もご安心ください。

資料請求・お問い合わせ

  • オール電化・ECO住宅
  • 長期優良住宅
  • リフォーム

ページのTOP