お知らせ

HOME > お知らせ

RSS

「地震保険」+「フラット35S」+「耐震等級3」= 大きな安心

2015/03/20

こんにちは。新宮です。今日は「地震保険」についてお話します。

地震保険・・・
地震保険は火災保険の二分の一しか掛けることが出来ません
火災保険が2000万円だと、地震保険は1000万円までしか掛けることが出来ません。
不足分をこんな形で補うのは如何でしょうか??

地震で自宅が倒壊した場合には、地震保険の1000万円しか保険金が出ないのです。
新築を建てる為には不足分をどの様に補うか、当社では大手メーカーのLIXILと提携することで
万が一 地震が原因でご自宅が倒壊した場合には最高2000万円の補償が10年間付きます。
もちろん、耐震等級3が付きます。この方法を取れば安心です。

地震保険を安くする方法
フラット35S耐震等級を取得することで地震保険が半額になります。

通常の保険料

地震保険 1000万円  保険料金 32,600円/年間
  10年では 326,000円にもなります。
  20年では 652,000円にもなります。
  30年では 978,000円にもなります。

耐震等級3を取得した場合の保険料・・・ フラット35S住宅の認定が必要です。   

地震保険 1000万円  保険料金 32,600円/年間×0.5=16,300  
   10年では 163,000円になります。
   20年では 326,000円になります。
   30年では 489,000円になります。

当社では、フラット35Sの申請手数料が 75,600円で出来ます。
とても、お得ではないでしょうか。





前のページへ 次のページへ
  • オール電化・ECO住宅
  • 長期優良住宅
  • リフォーム

ページのTOP